多拠点生活がすぐにできる時代に?(「住み方の自由」イベントに参加してきた!)

Green Drinks Shibuya(上記写真の会場)で

greenz.jp | いかしあうつながり

「住み方の自由」を考えるイベントに参加してきました!!!

私がずっと気になっていた
「HafH」「ADDress」のサービスについて

代表の方から詳しくお話を聞くことができました!

*HafHとは日本全国、海外で「定額」でゲストハウス住み放題できるサービス
*ADDressとは月4万円で全国住み放題のコリビングサービス
(後から詳しく書きますよ!👇)

「多拠点」「二拠点」生活はもう既にできる時代になってきて
今後はそんな生活をする人が増えていくんじゃないかという
面白い話ばかりでした。

「無拠点」で活動している私にとっては
ワクワクが止まらないイベントでした!

日本全国で地方に空き家が増え続け
民泊法でAirbnbが法人的ビジネスでしか使えなくなった

この二つのサービスで
民泊のような地域の人と繋がりが深くなる
新しい暮らしと住み方を作りだそうと
考えたのがこのお二方でした。

HafHとは?

全国、海外に拠点を持つHafHは長崎で生まれました。

長崎出身の代表の大瀬良さんが

長崎にあった『出島』=外国人居留地のイメージで、

海外の人も気軽に地方を使えるようにをコンセプトに考えたそうです。

また、

どこでも働ける時代になった今、

ちょっといつもの場所から離れて日本や世界を見てほしいというのも

HafHの願いだそうです!

今は全国、海外合わせて82拠点あり、

f:id:nakiniko:20190721234434j:plain

HafHのサービスだけで日本1周、世界1周も出来てしまうんでないか?

というほどに満遍なく拠点を持っています。

しかもこの拠点、追加料金なしで住み放題です。

hafh.com

気になる料金プランですが、

月額最低1万6千円から利用可能で、

なんと今なら登録初月利用料無料!?!?

驚きの料金プランです。

 

f:id:nakiniko:20190721234548j:plain

 

HafHの個人的に「あ〜良い!」と思うポイント3つ!

退職する前から「HafH」は利用しようか悩んでいて
何度か問い合わせするほどでした笑

①拠点が多くて、海外にもあること!

今や海外に<11拠点>を持っている!

台湾に2か所
マレーシアに2か所
フィリピン、ベトナム、タイ、ケニア、ギリシャに1か所ずつ!

まだ東南アジア圏が多めですが、こんなにも拠点を持っています!

しかも定額制なので別料金もなく海外のおしゃれなホステル、

ゲストハウスに泊まれちゃうのは
本当に画期的サービス!!!

東南アジア出張多めの人でも
HafHは選びやすいかもですね!

早く利用したい泣

②プランが風や土などタイプに合わせて選べるところ!

HafHは定額プランですが
タイプによって選べるのも特徴的です!

f:id:nakiniko:20190722002824p:plain

『ちょっとハフ』5日〜『いつもハフ』30日プランがあります。

月に少しだけ、フラッと旅したい時は『ちょっとハフ』プランで🆗!

無拠点生活をしているアドレスホッパーや

10日ごとに移動する人は『いつもハフ』で!

いろんな人のタイプに合わせられるのはとても良き。

③おしゃれな拠点が多いこと!

拠点の画像で驚くことは、
どのゲストハウスもおしゃれで綺麗な場所が多いことです。

外観グッド!内観グッド!

HafHに登録してなくてもbooking.comで通常予約できるので

私は国内でおしゃれなゲストハウスに行きたいと思ったら
HafHで調べたりしてます。

『ADDress』とは?

月額4万円光熱費、WIFI込みで全国住み放題ができちゃうサービス。

主に全国の空家や使わなくなった別荘等をリノベーションして拠点を作っている。

空き家が増え続ける問題と
これからの日本の暮らし方に変化がなくては!と気づいて
このサービス作ったのが佐別当さんです。

素晴らしい…。

日本の問題に「あーやばいね」と意見するだけでなくて
「じゃあその問題どうしたら解決するのか」と動ける方は本当にすごいです。

しかも月額4万円という激安料金設定を見れば
佐別当さんの作ったこのサービス目的が営利的でないことが分かります。⏬

address.love

ADDressの個人的に「あ〜良い!」と思うポイント3つ!

①別荘体験できて地域の人との距離が近い。

別荘や空き家をリノベーションしているので
立地がものすごく地域に溶け込んでいる。

その地域の人とのコミュニティも作りやすく
地域体験ができる!

f:id:nakiniko:20190722003019p:plain

②アメニティのこだわりがすごい

シャンプー&リンスは松山油脂のLEAF&BOTANICS
ベッドのマットレスはKoala Sleep社のコアラマットレス

リンクはこちら⏬

LEAF&BOTANICS – 松山油脂オンラインストア

最高の睡眠を追求するコアラ・マットレス!世界中の寝室に革命を起こす「ベッド・イン・ボックス」が日本でも遂に発売!

高品質なアメニティを置くことで

宿泊者の満足度を上げるものとなっています!

また、家に備わっているお皿は陶芸家さんの良質なお皿で、
楽しく料理をして人々が団欒できる空間作りができています。

③ネックな移動費もサービスに入る?

アドレスホッパー生活や、多拠点生活をする上でネックとなるのが

「交通費」です。

地方に住んでみたいという気持ちはあっても
交通費がかかってしまうから諦めてしまう人もいるのではないでしょうか?

ADDressはそこの交通費にまでサービスを向けているのです!

現段階ではまだサービス化していないのですが、

大手航空会社ANAと手を組んで、
交通費までもを定額にしようと試みているのだそうです!

これが現実になれば、
多拠点生活のハードルはぐんと下がること間違いなしです。

この二つのサービスの違いとは?

今回のイベントでHafHの大瀬良さんが説明していました!

HafHは 働き方✖︎旅
ADDressは 暮らし方✖︎旅

HafHはこれから旅して暮らす人を応援していくので
どうやったら旅して働けるのか、どんな働き方ができるのかを発信していくそうです!

ADDressはこれからの暮らし方の変化と旅を掛け合わせたようなサービスで
今後の2拠点生活を支えていくようです!!

二つとも似ているサービスですが
求めるポイントも違ってくるので、

自分はどちらに当てはまるか考えて使うのもありかと思います!

まとめ(結局住み方は自由)

イベントに参加して、
多拠点生活はとても魅力的だし、
今後そういった暮らし方や働き方は確実に増えるなぁと思いました。

ただ国民全員が全員この暮らし方をすると
大変な事になるので、

今まで通り、家を買って定住する事が幸せという人たちが
一定数いる事で成り立つ話だと思いました。

ただこう言った新しい暮らし方を選択できる時代は
とても素敵ですよね!!

人生一回きりなので
いろんな暮らし方、働き方、住み方を体験していきたいです。

ではまた〜〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です